株式投資

【コロナ禍相場】不安定な動き 急騰・急落に注意を

コロナ第二波相場

コロナの外出自粛が解除され、GOTOキャンペーンもスタート。

コロナ感染者は連日増加傾向で、第二波はすでに始まっているとの見方も。

 

これに伴って株式市場も、業績悪化や世界経済のさらなる停滞への懸念から

日々上げたり下げたりの不安定な動きとなっています。

コロナ関連等、急騰した銘柄は一旦調整された格好

ワクチンや創薬などのバイオ、宅配、巣ごもり等の

いわゆる「コロナ関連」といわれる銘柄は、

世界的なコロナショックの急落後、コロナ対策の期待感からリバウンドして急騰しました。

 

ワクチン開発に期待が寄せられて上昇したアンジェスが代表的。

短期急騰株
【アンジェス】急騰株への飛びつき買いに注意を!株式投資について時々書いていますが、 今回は「急騰株への飛びつき買いの危険性」について書いてみます。 現在アンジェスが急騰している理...

マザーズ市場の上昇を牽引しましたね。

 

その他、大型といわれる東証一部銘柄なども

コロナショックで暴落した後、大きくリバウンドして上昇し、

再度調整に入って下げに転じていました。

 

コロナショックで下げた位置へと再度下落しているものが多く、

いったん利確しなかった方や高値掴みしてしまった方は

含み損を抱えてしまっているかもしれません。

 

「もう終わった」「もうだめか」と一時は諦めムードも漂い始めたコロナ銘柄ですが、

本日の市場を見ていると(7月30日現在)、

感染者が再び増加してきたことに伴い、

底を打って再度上昇に転じる気配が感じられました。

 

今回の急騰からの急落は「ふるい落とし」や「調整」と呼ばれる

再度上昇に転じるための玉集めや信用買い残の整理と見られる動き

である可能性が高いようです。

 

コロナ関連株はまだ終わっていない

つまり、

「コロナ関連銘柄」はまだ終わっていないものが多い

と見てよいと思います。

 

私がチェックしている銘柄だけで言えば

バイオはアンジェス、オンコリスバイオ、PSS、テラ、リボミック、

巣ごもり関連はショクブン、出前館、キリンHD、

ゲーム株のAimingなどなど、他にもたくさんありますが

大きく売られて下げていたものが、底を打って反転する兆候がありました。

日中は一時大きく上昇する場面も目立っていました。

 

日ごとの急騰、急落や一日のうちのボラティリティが非常に大きいので、

うまく波乗りできれば利益は大きいですが、

急騰時の飛びつき買いによる高値掴みや、むやみなデイトレは非常に危険です。

 

酷いものになると、何の理由もなくS高した翌日にS安まで売り込まれるなど、

信用買いの方は散々なふるい落としにやられる結果になってしまうことも。

☆なるべく現物で。

☆日足でも分足でも底値から買うこと。

☆下がったら買い増しできる余力を残して一度にたくさん買わないこと。

日々の上げ下げはあっても、今後の上昇を見込んでホールドできるような

銘柄を選び、余裕のある買い方をすることが大事です。

 

不安定な時は「休むも相場」

こんな不安定な相場付きの時には、無理をして毎日エントリーする必要はありません。

株の格言に「休むも相場」という言葉があります。

「地合いの悪い時は、無理をしないで休むのも相場のうち」

ということです。

 

ましてや、分刻み、秒刻みで取引をするスキャルピングや日計りのデイトレードなど

時間軸が短く、手数が多くなるほど難易度は高くなります。

よほどの経験を積んだ手練れでないと勝ち続けるのは至難の業。

やればやるほど負ける、ということにもなりかねません。

 

中長期で現物ならば、損切りラインを必ず決めて時々株価をチェック。

これ以上下がると損切り、という値段を設定しておけば自動で注文を出してくれる

「逆指値」という機能が大変便利ですよ。

 

デイトレや信用取引は相場が安定して上昇するのを確認してから

エントリーしてもよいと思います。

梅若
梅若
それまではじっと我慢で「手はお膝」ですよ☆

今、おすすめの証券会社は松井証券

松井証券「ご家族・ご友人紹介キャンペーン」




松井証券では現在、「ご家族・ご友人紹介キャンペーン」を実施中です。

(12月18日まで)

家族や友人に松井証券を紹介し、その方が新規に口座を開設すると

☆口座開設者一人につき、株式取引手数料を1万円キャッシュバック!

☆紹介を受けて口座を開設した方には、
株式取引手数料を5千円キャッシュバック!

というお得なキャンペーンです。

 

株を始めるなら、

コロナ銘柄が調整で一旦下げ、上昇に転じ始めた今がチャンス!!

この機会に口座を開設され、お知り合いの方にも勧めてみてはいかがでしょうか。




松井証券の魅力、まずはお試しください。

まとめ

GOTOキャンペーンがスタートするなど、

政府はコロナで停滞した経済の立て直しを重視しています。

株式市場も日銀の下支えによってコロナショックのような下落を避けたい動き。

 

いったんコロナ相場が落ち着き、調整で再度下落して底をついたことを確認、

エントリーする機会を狙うならこれからです。

 

これからの資産形成に投資のスキルは必須。

まずは少額から株を始めてみてはいかがでしょうか。