健康

【母の日】「手作り布マスク」を大切な人に贈ろう!【父の日】

ゴールデンウイークが始まりましたが、

コロナウイルスによる外出自粛の流れで

今年は旅行なども行かずに

おうちで過ごす方が多いと思います。

 

私がしばらくブログを中断していたのは、

布マスクを量産していたから。

ミシンがないので手縫いだったんですけど、

これが何とも楽しくて♪

 

5月には母の日、6月には父の日がありますし、

このゴールデンウイーク中は

みなさんも大切な人へのプレゼント用に

布マスクを手作りしてみてはいかがでしょうか?

私が作った布マスクいろいろ

これが私の作ったマスクたち。

実家の母や息子、私用や親しい人へのプレゼント用もあります。

外出自粛のため、布やゴム紐などは

スーパーへ買い物に行く途中にあるダイソーで調達。

手作りマスクブームで材料も品薄なため、

足りない分はゴムの代わりにヘアゴムや靴紐、

布が足りない時は着なくなった洋服を切ってリメイクしたりしました。

断捨離にもなって一石二鳥です♪

母の日、父の日のプレゼントに布マスクを

こちらは私が母の日にプレゼントした布マスクです。

その日の気分や服装に合わせて選ぶ楽しみがあるように

いろんな柄や素材で作ってみました。

母の手持ちの不織布マスクが残りわずかと聞き、

少し早めにもう発送しました。

母からすぐにLINEが来て、

「今は布マスクの人が増えてきたからとっても嬉しい!

柄も可愛いのばっかりで自慢やわ~」

と大喜び。

 

特に「ハリネズミ柄が可愛い!!」と言ってくれました。

私、最初ダイソーで見た時は

「この柄のマスク、つけると恥ずかしいかな?」

と思ったのですが、品薄だったためとりあえず買ったんです。

でも見れば見るほど可愛く思えてきてツボにはまり、

出来上がってみると一押しでしたねw

母も一番気に入ったようなので、やっぱり親子だなあと思いました。

梅若
梅若
縫う前に好きな柄を選んでもらうのもいいね!

その後、また電話がきて、

買い物に出るたびに布マスクを人から褒められて、

娘が作ってくれたと言うのが鼻高々だったとのことw

今までプレゼントしたものの中で一番喜ばれたかも。

 

例年なら母の日にはカーネーションに、

お菓子や洋服などを付けてプレゼントすることが多いんですが、

今年は日ごろの感謝を込めた

手作りの布マスクをプレゼントするのもいいと思います。

 

みなさんの思いが強力なバリアとなって、

コロナウイルスからお母さんを守ってくれるのではないでしょうか。

母の日のカーネーションはネットで

お母さんと離れてお住まいなら、

外出自粛の今年は

カーネーションもネットで注文して配達してもらいましょう。

 

布マスクづくりの愉しみ

もともと裁縫は子供の頃から好きでしたが、

久しぶりに手縫いとなると

やはり「面倒くさい」という気持ちはありました。

梅若
梅若
時間もかかりそうだし、大変かな…

でも、いざ始めてみるとこれが結構楽しくて!

マスクづくりの楽しみポイントを挙げてみますね。

☆ひと針ずつでも着実に前に進んでいることが満足感になる。

☆各パーツが仕上がるのが早く、出来上がった達成感が得やすい。

☆集中していると「無」の状態になれ、瞑想状態になって心が落ち着く。

☆洗って繰り返し使えるので経済的。

☆プレゼントすると喜ばれるし、後でよい思い出になる。

布だけでは心配な方は、

内側にティッシュを挟むといいですよ。

メイクが布に着くのも防げるし、まめに取り換えればさらに衛生的。

使用した布マスクの型紙

参考にさせていただいたのは、

nunokoto fabricさん(←クリックでサイトへ)

型紙をプリントアウトして使いました。

 

おうちにプリンターがない方はこちらを。

お近くのセブンイレブンでプリントができます。

↓  ↓  ↓  ↓

セブンイレブンの「netprint

 

私が作ってみた実感として、

この型紙より1センチ弱大き目にカットして、

型紙と切れ端の真ん中辺りを縫うと、

女性や小顔の男性にちょうどいい大きさに仕上がりました。

 

二枚を縫い合わせてからひっくり返すので、

布の切れ端は内側に入ってしまうため、

まつり縫いなどの処理はしなくてもOK。

ゴムを通すところは縫い終わりを重ね縫いするなどして補強を。

全体は並縫いではなく、本返し縫いにしました。

表から見るとミシン目のようになり、とても丈夫です。

参考サイトはこちら。

手作りタウン

男性用のバリエーション

これは息子用です。

就活など大事な時のために、

市販の不織布マスクを節約するためにも

ちょっとした買い物には布マスクをつけることを薦めました。

 

家にあったバンダナや私の服なども再利用。

息子に渡したら、

「顔のフィット感がすごくいいし、柄も気に入ったよ」

と嬉しい言葉が。

その言葉だけで大・大・大満足でした♪(単純w)

 

会社勤めの男性におすすめなのは、

無地の落ち着いたシンプルなマスク。

こういう薄手のデニム生地や、グレー、白、アイボリーなど

目立たない色の無地の布で作れば、

電車の中や会社でも着けられると思いますので

父の日のプレゼントにも♪

マスク作りに人気のミシン

マスクを手作りするためにミシンを購入する方も多いそうです。

私は手縫いだったので、一日に3枚作るのがやっと。

ミシンならもっとスイスイ作れますね!

 

やはり布マスク人気で、ミシンも品薄ですね。

値段が手ごろで有名メーカーのものは

なかなか手に入らない状態のようです。

まとめ

マスクがなかなか手に入らない状態のため、

政府が各世帯に布マスク(通称アベノマスク)を配布していますが、

小さすぎる、汚れがあったなどで全世帯への配布が滞っています。

 

ゴールデンウイークは外出自粛で

家にいることが呼びかけられています。

この機会に手作り布マスクづくりに

チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

母の日や父の日ももうすぐ。

プレゼントとしても喜ばれると思いますよ。

ぜひ愛情いっぱいの手作りマスクで

コロナウイルスをしっかり予防するとともに

日頃の感謝を伝えてみてくださいね☆